ITOKI

ナレッジ ダイバーシティ サーベイ

Knowledge Diversity Survey Knowledge Diversity Survey

共に働く仲間を知ることができていますか?

ナレッジダイバーシティとは、組織を構成するワーカーの知識の多様性を表す言葉。組織で働く上での価値観やワークスタイル、知的創造過程に関する設問の回答結果から、7つのキャラクタータイプに類型化。組織に属するワーカーのキャラクターを知り、活力あふれ、創造性のある組織づくりに役立てます。

以下、オフィスワーク上の機能の必要性及び達成度についての質問に答えて、あなたのキャラクターを診断してみましょう!

Q1

それぞれどの程度必要性を感じていますか?
すべてについてご回答ください。(回答数24)
1

チームのメンバーと充分に話し合うこと

2

メンバーの考えなどを図や絵など目に見えるカタチにしながらミーティングをすること

3

チームのメンバーと気軽にアイディアを出し合うこと

4

チームの状態やメンバーの感情がよく伝わってくること

5

チーム以外のメンバーが今何をしているのかが伝わること

6

書籍や書類などの情報を俯瞰的に眺めたりすること

7

チームのメンバーに仕事の情報や考えを正確に伝えること

8

会議では円滑に議題を進めていくこと

9

仕事の内容やプロジェクトに対して意見をぶつけ合うこと

10

周囲に邪魔をされず、集中して思考を深めること

11

作業上関わりのあるメンバーとうまく連携すること

12

1人での作業を円滑に進めることが出来ること

13

1人での作業からメンバーとの作業にスムーズに移行出来ること

14

メンバー同士でアイディアを出したり、まとめたりの移行がうまく出来ること

15

ふと浮かんだアイディアをその場ですぐに書き留めること

16

オフィス内を身体を動かしながら移動することで気分を変えること

17

普段自分が関わらない業務をしている人のところに足を運ぶこと

18

社内を移動している間に偶然の情報を得ること

19

個人作業をしていて、必要なデジタル情報を不満なく取り出すことが出来ること

20

打合せや会議などで、ふと必要になったデジタル情報を不満なく取り出すことが出来ること

21

社外などで、ふと必要になったデジタル情報を不満なく取り出すことが出来ること

22

普段会う機会のない人の現在の仕事の状況などを積極的に聞くこと

23

立場や部門を越えた社内の人たちの意見を積極的に聞くこと

24

社外や異業種の人たちの考えや文化に触れること

Q2

それぞれどの程度達成できていると感じますか?
すべてについてご回答ください。(回答数24)
1

チームのメンバーと充分に話し合っている

2

メンバーの考えなどを図や絵など目に見えるカタチにしながらミーティングをしている

3

チームのメンバーと気軽にアイディアを出し合っている

4

チームの状態やメンバーの感情がよく伝わってくる

5

チーム以外のメンバーが今何をしているのかが伝わってくる

6

書籍や書類などの情報を俯瞰的に眺めたりしている

7

チームのメンバーに仕事の情報や考えを正確に伝えている

8

会議では円滑に議題を進めている

9

仕事の内容やプロジェクトに対して意見をぶつけ合っている

10

周囲に邪魔をされず、集中して思考を深めている

11

作業上関わりのあるメンバーとうまく連携している

12

1人での作業を円滑に進めることが出来ている

13

1人での作業からメンバーとの作業にスムーズに移行出来ている

14

メンバー同士でアイディアを出したり、まとめたりの移行がうまく出来ている

15

ふと浮かんだアイディアをその場ですぐに書き留めている

16

オフィス内を身体を動かしながら移動することで気分を変えている

17

普段自分が関わらない業務をしている人のところに足を運んでいる

18

社内を移動している間に偶然の情報を得ている

19

個人作業をしていて、必要なデジタル情報を不満なく取り出すことが出来ている

20

打合せや会議などで、ふと必要になったデジタル情報を不満なく取り出すことが出来ている

21

社外などで、ふと必要になったデジタル情報を不満なく取り出すことが出来ている

22

普段会う機会のない人の現在の仕事の状況などを積極的に聞いている

23

立場や部門を越えた社内の人たちの意見を積極的に聞いている

24

社外や異業種の人たちの考えや文化に触れる行動を取っている